« 「探求」テーマ決めの面談 | トップページ | クリスマスカードの完成 »

2006年12月20日 (水)

1年次生への「探求」の刷り込み

年末の情報の授業、時間的に余裕のあるクラスでは「探求」の年次発表会のビデオを見せる。

12月15日(先週の金曜日)に、3年次の系列毎の選考者12名による年次内の発表会が行われた。この時のビデオは、週末にDVDに焼いて各発表者に配った。このビデオクリップを1年次の情報の授業で紹介した。

12名の発表は、補助にスライドを利用したものもあるが、手書きの紙芝居を利用したもの/模造紙を利用したもの/制作物の展示を利用したもの/楽器の演奏を利用したもの/手書きの資料をスキャナーで取り込んでスライドにしたものなど、多彩な手法で行われた。「プレゼン≠スライド」という指導を常に行ってきた成果でもある。

見学に来られた金沢総合高校の教員からは、「スライドによる発表が続くと聞き手が飽きてしまう」というコメントをいただいた。つまり、発表方法が異なれば、飽きさせずに聞かせることができるということだ。

各クラスの情報の授業の進度差を、これらの発表のエッセンスを見せることで吸収できた。プレゼンの手法を教えるだけでなく、1年後には各自が「探求(課題研究)」のテーマを決めていくことを、刷り込んでいくこともできた。

直前になって焦らせないように、課題研究に向けての心構えを無理なく醸成していきたい。
にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

|

« 「探求」テーマ決めの面談 | トップページ | クリスマスカードの完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/4621570

この記事へのトラックバック一覧です: 1年次生への「探求」の刷り込み:

« 「探求」テーマ決めの面談 | トップページ | クリスマスカードの完成 »