« CGエンジニア検定3級 | トップページ | Making of DEATH NOTE »

2006年11月21日 (火)

生徒が初級シスアドに合格

2年次の男子1名が2回目の挑戦で初級シスアドに合格

CGエンジニア検定の補習が終わると、その内の1名が初級シスアドの合格を告げた。思わず顔を見合わせて握手。この生徒は、情報部会が作成している「導入テスト」で93点という高得点を取った生徒である。昨年の夏休みに、短期集中講座「コンピュータ技術」で教えた際に初級シスアドの受験を勧めた。勉強方法をアドバイスしたり、横浜駅近辺の岩崎学園情報科学専門学校東京IT会計法律専門学校横浜校で度々開催される初級シスアドセミナー/基本情報技術者セミナーにも紹介してきた。この春は僅差で落ちたので今回の合格は予想していた。おめでとう。この春の3年次男子に続いて第2号の合格者である。

来春、この生徒は基本情報技術者試験にチャレンジする。プログラミングの実践がないので、午後の言語はアセンブラを勧めた。(手ほどきをせにゃあかんぞ。)

この生徒を例に、本校の柔軟な学びのシステムの一部を紹介する。彼は、通常の授業以外にも卒業に必要な単位を次のように取得している。

(1)短期集中講座(学校設定科目)
1年次は、前期木曜5・6校時+夏休み35時間の短期集中講座の「ロボット入門」で2単位。
夏休みで完結する、6日間36時間の短期集中講座「コンピュータ技術」で1単位。
(2)インターンシップ(職業体験)
2年次の夏、NTT東日本-神奈川での4日間のインターンシップと事前/事後指導で1単位。
(3)技能審査
全商ワープロ検定2級合格で2単位。
初級システムアドミニストレータ合格で3単位。
CGクリエータ検定3級合格で1単位(予定)。
(4)校外講座
情報科学専門学校の「基本情報技術者試験対策講座」修了で1単位。

この他にもボランティア活動による単位認定も盛んである。総合学科ゆえ、職業観を育成するためさまざまなことにチャレンジさせている。ただし、従来からの科目を取らずに、74単位ぎりぎりで卒業させようという方針ではない。

|

« CGエンジニア検定3級 | トップページ | Making of DEATH NOTE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/4259714

この記事へのトラックバック一覧です: 生徒が初級シスアドに合格:

» 初級シスアド:資格試験ガイド [初級シスアド:資格試験ガイド]
初級シスアドの資格試験問題や初級シスアドの仕事関連情報をご紹介 [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 16時29分

« CGエンジニア検定3級 | トップページ | Making of DEATH NOTE »