« 公開講座「ワープロDTP」 | トップページ | 技能審査の単位認定 »

2006年11月11日 (土)

明日は色彩検定

本日の午後は、明日の色彩検定の為、受験者対象に直前補習をした。

社団法人全国服飾教育者連合会(A・F・T)が年に2回実施する色彩検定。本校では、3級に合格すると1単位、2級は2単位、1級は3単位が学校外の学修(技能審査)で単位認定される。
総合学科ゆえ美術/服飾/美容/Web作成などの分野で色彩に興味を持つ生徒も多い。私の担当する「図形と画像の処理」と「DTP入門」の受講者も含めて11名が3級にチャレンジする。潜在的受験希望者はかなりいるので、今回の合格状況によっては、来年度は受験者が倍増すると思われる。
3級の内容は、マンセル表色系とPCCSによる色の体系的分類に始まり、光と色/眼の構造/混色/色の視覚効果/色の心理的効果/トーンと配色/ファッション/インテリア/環境色彩など、高校までの一般常識を教科横断的に整理して発展させたものである。検定対策として、カラーチップを色相環順やトーン別に並べる実習や、光の回析/拡散/屈折などの解説を行った。後は各自の独学で対応してもらう。検定料が高いのが難点だが、高校生がチャレンジするには持ってこいの検定だ。3級の合格に対して1単位を与えるには正に適当な内容と判断している。

合格によって、教員には授業持ち時間としてカウントしてもらいたいものだ。ただし、落ちた場合のペナルティはなしで。

私も2級を受験する。

|

« 公開講座「ワープロDTP」 | トップページ | 技能審査の単位認定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/4151305

この記事へのトラックバック一覧です: 明日は色彩検定:

« 公開講座「ワープロDTP」 | トップページ | 技能審査の単位認定 »