« 3Dアニメの相互評価 | トップページ | 生徒が初級シスアドに合格 »

2006年11月20日 (月)

CGエンジニア検定3級

放課後、上記検定を受験する生徒の補習。

「図形と画像の処理」からいかにもCGが好きそうな男子2名と、少しおしゃれな女子1名が受験する。どういう訳かこの科目を取る生徒は数学嫌いの生徒が多い。しかし、モーフィングでの座標と色の内分、画像処理のトーンカーブとヒストグラム、POVRayでの空間座標を使ったコーディング、DoGAの三面図でのベジエ曲線、動きの速度をコントロールする速度設定曲線、などの数学的要素を好きこそ物の・・・で使いこなしている。
補習では、授業で避けてきた1次変換と極座標のグラフ、エッジ検出や平滑化フィルタの行列を教えた。難儀すると覚悟していたが、全くの取り越し苦労であった。式や記号の意味が試験問題の画像の変化と対応しているので、抵抗がないのだろう。補習に食いつく様子に数学の担当者がびっくりしていた。

久しぶりに数学の教員に戻った気がして新鮮であった。次回の補習は水曜日。

|

« 3Dアニメの相互評価 | トップページ | 生徒が初級シスアドに合格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/4257374

この記事へのトラックバック一覧です: CGエンジニア検定3級:

« 3Dアニメの相互評価 | トップページ | 生徒が初級シスアドに合格 »