« プレゼンの振り返り | トップページ | CGクリエイター検定 »

2006年11月16日 (木)

情報B「モデル化とシミュレーション」授業研究

県立相模大野高校で表記の情報部会の第5回研究会が行われた。

川村学園女子大学教授の本郷健先生を講師にお招きして、元情報部会部会長の大河原広行先生の授業見学とセットの内容だ。本郷先生は分散処理的モデル教育活用研究会で教育用に開発されたStarLogoの活用を研究されている。お話を伺ったのは今回で2回目だが、StarLogoの実演を交えてとても分かりやすく説明していただいた。

また、大河原先生は今年異動されたばかりなのに、完成度の高い授業プログラムを作り上げている。「蟻の行列はどうしてできるか?」というネタを、StarLogoに用意されているサンプルを使って説明した。生徒は皆夢中で取り組んでいた。さすがである。もう6年も一緒に部会の仕事をしているが、彼の実行力には敬服している。

15分の時間をいただき、授業でつかえる小技として「Officeでできるベクトル画像の指導」を紹介させていただいた。幸いよろこんでいただけたようである。いずれ、このブログでも紹介しよう。

東京からは町田高校のO先生が参加していただいた。実は地理的に最寄りの高校かもしれないが、ありがたいことだ。とにかく、本当に充実した研究会であった。詳しくは部会のサイトに報告される予定である。

|

« プレゼンの振り返り | トップページ | CGクリエイター検定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/4216269

この記事へのトラックバック一覧です: 情報B「モデル化とシミュレーション」授業研究:

» 情報B公開授業 [情報科作業日誌]
神奈川県の情報部会の研究授業があり、相模大野高校に行ってきました。 神奈川・・・といっても、相模大野は町田から1駅120円。それも、駅から10分くらいなので、学校から学校まで30分たらずでついてしまいました。町田市内の成瀬までは130円なので、恐らく一番安価で行ける高校になるのでしょう。 授業はモデル化とシミュレーション。この分野での研究授業ははじめで見学させていただきます。 �... [続きを読む]

受信: 2006年11月18日 (土) 09時11分

« プレゼンの振り返り | トップページ | CGクリエイター検定 »